沖野デイには、裁縫の達人が何人いるのでしょうか?

手先を使った活動は、認知症の予防等にとても有効だということで、沖野デイでも、お裁縫で雑巾やバスマットを手縫いで作って頂いたり、座布団カバーを作って頂いたりしています。が・・・

ご自宅でも、お裁縫をして、作品をご持参して下さる方が多くいらっしゃいます。

先日、Wさんが「これ、ゲームの時に使って」と持ってきてくださったのが、お手玉でした。

全て手縫いの、カラフルなお手玉です。

早速、職員がお手玉を披露しようと試みましたが、結果は悲惨でした。

「なんだや~昔は、6つぐらいでしたもんだ」と、利用者のみなさんに笑われる始末。

 

このお手玉1個を作るのに、裁断から完成するまで5時間位かけて丁寧に仕上げて下さったとのこと。

大切に、使わせて頂きたいと思います。

 

また、お手玉の腕前も、皆様にご披露し、「おぉぉぉぉー」と言って頂ける位上達できたらいいなぁ~と、思ったのでした。


ソックモンキーは、職員の手作りです☆